【豊見城】アジア各地でボランティア活動を通して異文化理解に取り組む台湾護家協会の国際青年平和交流団メンバー16人が19日、市内の沖縄空手会館を訪れ空手を体験した。メンバーは18〜23日まで滞在し、老人ホームで台湾式マッサージをしたり海岸でごみ拾いなどに取り組んだ。