【宮古島・全日本トライアスロン取材班】第31回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市ほか)は19日、宮古島全域でラン6・5キロ、バイク157キロ、ラン42・195キロの計205・695キロのデュアスロンに変更して行われた。男子は戸原開人(26)=神奈川県=が7時間38分44秒で初優勝、女子は酒井絵美(34)=群馬県=が8時間49分37秒で4年ぶり3度目の優勝を果たした。3度の優勝は女子タイ記録。

家族や友人に囲まれゴールする選手=19日午後8時29分、宮古島市陸上競技場(金城健太撮影)

 1474人が出場し、制限時間の12時間30分以内に1019人が完走した。完走率は69・1%。スイムは天候不良で中止となった。