民進党代表選は9月1日の投開票日まで1週間を切っているというのに、一向に盛り上がらない。 上昇気流に乗っていれば政権交代への期待が膨らみ、投票権を持たない一般の有権者も代表選に高い関心を示すが、そのような空気が感じられないのである。