【台北市で浦崎直己】翁長雄志知事は19日、台湾台北市内で台湾大手企業の代表らで構成する中華民国三三企業交流会(三三会)の江丙坤会長やホテル建設など沖縄県内進出を計画している嘉新水泥(嘉新セメント)顧問で嘉新琉球開発の馬述康社長らと交流した。江会長は嘉新の投資が他の台湾企業の沖縄投資や観光客増加につながるとして支援を要望。翁長知事は「前県政と同様に全面的に協力する」と決意した。

 江会長は、高い技術力がある日本の中小企業で国際化が進んでいないとする一方で、台湾の中小企業は全世界に飛躍していると強調。日本企業の中国や東南アジア進出、中国企業の日本進出の際、台湾と連携することを提案した。

 沖縄とは「台湾との経済関係はますます発展する。知事訪問をきっかけに、多くの企業が互いに投資、交流ができるように今度も努力する」と述べ、知事の左隣に座った馬社長を紹介し協力を求めた。

 知事はANAの国際物流ハブや光海底ケーブルによる情報通信網整備を紹介し「アジアの辺境だった沖縄が、アジアと日本の架け橋になれるような勢いが見えてきている」と力説。「今後の交流のためにもすばらしい第一歩を築かせてもらった」と感謝した。

 嘉新の馬社長は会食後、沖縄進出について知事と話したことを報道陣に公表。江会長が以前から提案している台湾のプロ野球リーグに沖縄で球団を作り、参加するといった案件も話題になったという。