本部町山川で生まれ育った。謝花国民学校高等科を卒業後、1944年4月に謝花青年学校に入学。飛行場建設で徴用され、伊江島に行った。15日間作業して、家に戻る。15日後にまた伊江島に向かうということを何度か繰り返した。宿は大きな亀甲墓で、持参した毛布にくるまり、山川から来た20人ぐらいで一緒に寝た。