沖縄タイムスと琉球放送(RBC)は20日、戦後70年に関する合同世論調査を取りまとめた。普天間飛行場の返還問題で「翁長雄志知事の姿勢を評価しますか」との質問に「評価する」と答えた人が72・1%を占め、「評価しない」の21・7%を大幅に上回った。普天間飛行場の辺野古移設には「反対」が65・3%。「賛成」は27・9%にとどまった。普天間飛行場の返還に関する安倍晋三政権の姿勢は「評価しない」が72・0%に上り、「評価する」は22・0%に低迷し、知事の支持率と対照的な結果となった。