【名護】市許田の湖辺底の護岸をすみかにするアヒルの親子3羽が、朝夕に近くの民家の玄関でエサをおねだりするなど、地域住民の人気者になっている。 地元の岸本安弘さん(36)によると、祖父が7年前にバリケン(カモの一種)7羽を干潟に放したのが始まり。