国の重要無形民俗文化財に指定されている沖縄県国頭村安田区(伊計忠区長)の伝統行事「安田のシヌグ」が28日、同区であった。2年に1度の「大(ウフ)シヌグ」で、男性約200人が山に入り、植物の葉やつるを身に着け「神」に扮(ふん)する「山ヌブイ」があり、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を祈った。

「神」に扮した男性たちが浜辺で山と海の方角に豊作と大漁を祈願した=28日、国頭村安田(山田優介撮影)

 男性たちは「メーバ」「ヤマナス」「ササ」の3つのグループに分かれて山に入り、太鼓打ちを先頭に「エーへーホーイ」と声を出しながら下山。集落で待ち受けていた女性やお年寄りたちを木の枝でおはらいし、浜辺で山と海の方角に向かって神に拝んだ。日が暮れると、大きな丸太を神アサギにぶつける「ヤーハリコー」や女性のみで踊る「ウシンデーク」などがあり、訪れた人たちは見入っていた。

 安田古文化財保存会の大城盛雄顧問(80)は「自然の神に感謝と祈願する伝統行事。区民でなくても参加できる。今後も保存と継承に努めたい」と話した。