【浦添】松本哲治浦添市長が那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添受け入れを表明したことを受け、共産党の西銘純恵県議と西銘健浦添市議、伊礼悠記同市議は21日、浦添市役所を訪ね市長に抗議文を手渡した。

共産党議員から抗議を受ける松本哲治浦添市長(右)=21日午前、浦添市役所

 抗議文では、軍港受け入れに明確に反対とした市長選当時の公約を破り、「公約は1度掲げたら最後まで変えてはいけないというものでもない」と20日の会見で釈明したことについて「民主主義を破壊する暴挙」と批判。「浦添市民への裏切りであり沖縄県民の民意に対する挑戦だ」として受け入れ撤回と公約順守を求めた。

 市長は「受け入れたくない思いは皆さんと一緒」「お集まりいただければどちらにでもうかがって、基本的な公約転換に至った経緯を説明する」と述べた。