【高雄市で浦崎直己】沖縄県と那覇市、浦添市で組織する那覇港管理組合(管理者・翁長雄志知事)と台湾の高雄港など主要港湾を運営する台湾港務(台湾高雄市、張志清会長)が21日、パートナーシップ港に関する合意書(MOU)を締結した。同日、高雄市内のホテルで開かれた調印式で翁長知事と張会長が合意書にサインした。

合意書を交わした張志清会長(左)と翁長雄志管理者=21日午後0時半、高雄市・高雄グランドハイライホテル

 那覇と台湾の海上物流網が拡充される中、MOUの締結で、双方の港湾間におけるクルーズ船や物流サービスの促進、港湾での作業や運営面の効率化などを目指す。

 張会長は「日本の港湾管理者との合意書締結は初めてで、台湾と日本の交流に新たなべージを開いた。クルーズ船と物流サービスの展開を推進し、便利で良好なサービスの提供に共同で取り組んでいきたい」とあいさつ。翁長知事は「両者が提携することは新しい沖縄を開く、大きな一歩と確信している」と語った。