25日に開業する北中城村のイオンモール沖縄ライカムは21日午前、報道陣や招待客を集めた内覧会を開いた。7万8千平方メートルと県内最大の売り場に出店する220店のテナントや、美ら島財団と協力して1階エントランスには容量100トンの大型水槽「ライカムアクアリウム」などを披露した。

25日のオープンを前に報道陣に公開されたイオンモール沖縄ライカム。施設中央が開放的な吹き抜けになっている=21日午前、北中城村

 屋外には立体花壇や村内の陶芸家らがつくったシーサーを設置するなど地元客だけでなく、観光客も楽しめるリゾートモールを打ち出している。9スクリーンの映画館「シネマライカム」も入居している。

 ライカムアクアリウムの除幕式には吉田昭夫イオンモール社長、新垣邦男北中城村長、比嘉義彦北中城村議長、花城良廣美ら島財団理事長が出席した。