沖縄の公立小学校は2007年の時点では、各科目とも5〜9ポイントほど全国平均を下回り、中学校ほどではないものの、他県との差が目立った。その後は徐々に改善したが、13年までは全科目で全国平均以下だった。 大きな変化があったのは14年。