【名護】為又子ども会の14人は7日、市防災研修センターで火災や煙避難体験、風水害ゾーンなどで研修を行った。 風水害ゾーンでは、水害時の車のドアの開閉を体験した。山里凛君(大宮小4年)と屋嘉宗一郎君(同)らは「簡単に開くと思ったけど、一生懸命に押してやっと脱出できた」。