9-8と1点リードした九回裏2死二塁。あと一人抑えれば勝ちの場面で、まさかの失策が出てしまい同点に追い付かれた。流れは飯塚だった。 いやな雰囲気を一振りでぬぐい去ったのが途中出場の7番金城旭貞。延長十回表1死走者なし。2球目の直球を振り抜くと、打球は左中間席への劇的な決勝ホームランとなった。