コープおきなわが東南アジアのラオス・サイー村で実施している「ラオラオ酒」の産業化支援が本格化している。7月から職員1人を派遣し、農家の女性を中心に立ち上げた協同組合と共に酒造所建設や製造・販売体制の構築に取り組んでいる。