2018年度の沖縄関係予算の概算要求額では、大型MICE施設の事業着手の見通しが厳しくなり、20年9月の開業が遅れる可能性が強まった。県幹部は「沖縄の発展に必要な施設で、早期着工を目指す考えに変わりはない」と話し、開業への影響を精査する考えを示した。