【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では22日午前、新基地建設に反対する市民ら約80人が抗議行動を続けている。

米軍キャンプ・シュワブに向かって「新基地建設反対」「サンゴをつぶすな」と抗議の声を上げる市民ら=22日午前、名護市辺野古

 沖縄平和運動センター議長の山城博治さんが同日から病気療養に入ったことを受け、市民らは「博治さんが回復して戻ってくるまでがんばろう」と声を上げた。

 辺野古沖では、スパット台船2基に作業員の姿が確認された。