沖縄赤十字病院の髙尾実千代看護師長(51)=那覇市=が25日から半年間、内戦の影響で保健システム機能が低下している南スーダンに派遣される。髙尾さんは22日午後、県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね、「精いっぱい務めます」と抱負を語った。 赤十字国際委員会の要請を受けた日本赤十字社の国際的な紛争救援事業。