北朝鮮は日本時間29日午前5時58分、首都平壌の順安区域付近から弾道ミサイル1発を北東方向に発射した。北海道襟裳岬上空を通過し約2700キロ飛行、6時12分に襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下した。新型中距離弾道ミサイル「火星12」(最大射程5千キロ)の可能性がある。