【東京】海上保安庁は29日、総額2303億4200万円となる2018年度予算概算要求をまとめた。17年度当初予算から9%増額し、要求額は過去最高となる。尖閣諸島の領海警備体制の強化のため、17年度当初予算比で約106億円増の229億6千万円を計上した。