昨年4月の日本王座決定戦でKO負けしてから1年。王座奪取へ再び挑戦した江藤大喜は1-2と僅差の判定負けで涙をのんだ。ジャッジ3人のうち、2人は1点差だった。 アウトボクシングに徹する試合巧者の王者・石田匠に対し、序盤から積極的に打って出た。