沖縄戦で米軍の捕虜となり、移送されたハワイで亡くなった県出身者12人を含む102人の名簿と、遺骨が引き揚げ船に載せられ日本側に届いたとする日本政府の資料が初めて見つかった。「遺族は高齢化している。早く遺骨の返還を実現してほしい」「政府の記録で行方がはっきり分かるまでは追跡しないといけない」。