【東京】松本哲治浦添市長は23日、菅義偉官房長官と首相官邸で会談し、移設予定の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)を浦添埠頭(ふとう)で受け入れる考えを伝え、西海岸開発を含む浦添市案への協力を要請した。菅氏は市長の判断を歓迎する考えを表明した。

 会談後、松本氏は記者団に「菅氏は、しっかりとできる方向で進めていきたいとの話だった」と述べ、政府が市案に理解を示したとの認識を強調。「(実現は)簡単な話ではないが、ようやく長いレースのスタート地点に立った」と語り市案の実現に意欲を示した。

 菅氏は同日午後の会見で、「浦添市長から理解を頂いたことを歓迎する。政府としては、できる限り全面的な協力をしたい」と述べ、前向きな姿勢を見せた。