沖縄県名護市安和区の河川改修工事に伴う文化財調査で、縄文時代晩期(3000~2500年)の地層からほぼ全身の骨格が残った犬の骨2体が見つかった。周辺では土器や石器、貝殻、ジュゴンの骨などが出土している。県教育委員会の担当者は「土器や石器が見つかった近くで、複数の骨がバラバラにならずそのまま残っていれば、人の手で埋葬された可能性が高い」と指摘する。当時から犬を家族の一員として迎え入れていた暮らしぶりを伝える発見ではないかと期待されている。

縄文時代の地層で発見された犬の骨。上から頭、けい骨、胴体の骨格がみてとれる=名護市安和(名護市文化課提供)

犬2匹の骨が発掘された現場。周辺では土器や貝殻などが出土した=29日、名護市安和

縄文時代の地層で発見された犬の骨。上から頭、けい骨、胴体の骨格がみてとれる=名護市安和(名護市文化課提供) 犬2匹の骨が発掘された現場。周辺では土器や貝殻などが出土した=29日、名護市安和

 名護市教育委員会は今後、専門家に鑑定を依頼し、詳しく調べる予定。県教委文化財課によると、県外では縄文時代の地層から犬の骨が多数出土している。県内では珍しいという。

 出土したのは深さ120~130センチの地層からで、一部欠損はあったものの骨格全体がほぼ残り、2体が2メートル間隔で並んでいた。犬種は不明だが、骨格から中型犬とみられる。

 周辺を試掘した名護市教委が遺跡分布地として本格調査をし、7月21日に発掘した。現場担当者の吉元貴子学芸員は「土器や石器の出土はよくあるが犬の骨は驚きだった。県内の縄文時代の解明につながれば」と期待する。(北部報道部・城間陽介)