労働基準監督署から是正勧告を受けた沖縄県立病院の当直医師への時間外勤務手当ての未払い問題で、県病院事業局が過去2年分の未払い賃金を支払う方針を決め、各病院で支払い準備が進められている。対象は全6病院で延べ830人、未払い額は約18億6千万円(概算)に上る。一部の病院では今月から支払いが始まっている。