プロバスケットボールTKbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは25、26の両日、宜野湾市立体育館でレギュラーシーズン最終戦を同地区4位の滋賀レイクスターズと戦う。

レギュラーシーズン最終のホーム戦に向け調整するキングスの選手たち=宜野湾勤労者体育センター

 キングスは、前回の奈良戦で地区2位以内を確定させ、プレーオフ地区準決勝までのホーム開催を決めた。伊佐勉ヘッドコーチは「自力では無理だが、地区1位を諦めていない。連勝でプレーオフに弾みをつけたい」と余念がない。滋賀のテレンス・ウッドベリー、岡田優を中心とした攻撃力を警戒する。

 金城茂之主将は「守備の連係ミスをなくして、攻撃はボール、人も動いてスペースをつくりたい」と内容にこだわった勝利を誓う。岸本隆一も「シーズンで積み重ねた成果をそつなく発揮したい」と拳を握った。

 25日は午後7時、26日は同6時開始。