米国の航空機会社であるグラマン社が製造した米海軍の艦載機、F6Fのこと。愛称は「ヘルキャット」。操縦のしやすさなどから大量生産され、第2次大戦中の米海軍の主力戦闘機として位置付けられた。

米海軍艦載機F6Fヘルキャット(米国防総省ホームページより)

米海軍艦載機F6Fヘルキャット(米国防総省ホームページより)

 沖縄攻略作戦にも参加し、1944年の10・10空襲で南西諸島を襲った。役割に応じて設計され、空から機関銃で射撃する「機銃掃射」や爆弾投下などで攻撃したほか、偵察の役割を担うこともあった。