【名護】名護市議会(屋比久稔議長)は24日の臨時議会で、市辺野古の新基地建設に伴う翁長雄志知事の沖縄防衛局への作業停止指示に対し、林芳正農水相が効力の一時停止を決定したことに対し、沖縄防衛局に即時作業停止を求める意見書案を賛成多数で可決した。

 意見書では、農水相が効力停止の根拠とした行政不服審査法の趣旨について「強大な行政権力に対して国民の権利・利益を救済するために作られた」と指摘。沖縄防衛局の申し立てを農水相が審査するのは「中立・公平が保たれるのか法の目的に照らしても大いに疑問。法の逆用、悪用で法治国家として到底許されない」と批判した。

 その上で、効力の一時停止を決定した政府に抗議し、新基地建設の断念を求めた。宛先は首相や官房長官、沖縄防衛局など。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の誘致に際して支援を求める意見書案は全会一致で可決した。