今年1月〜6月に県警に寄せられたサイバー犯罪に関する相談は前年同期比149件増の790件だったことが30日、県警のまとめで分かった。2000年の統計開始以降最多だった16年(1324件)を超えるペースで推移している。サイバー犯罪の摘発件数も前年同期を上回り、18歳未満が被害に遭う事例も増えている。