県は、昨年制定された10月30日の「世界のウチナーンチュの日」を広く浸透させるため、ロゴマークを制作する。9月1日から投票を募り、六つのデザイン案の中から原則として得票数が最も多かった作品を採用する。