県内の3ホテルの経営権がシンガポール政府投資会社(GIC)の傘下にあるザ・ホテリエ・グループに譲渡される背景には、観光客数の伸びや人口増加など沖縄の経済成長を見込み、高まる不動産価値への評価の表れといえる。(政経部・久高愛) 2007年の全日空ホテルの大型買収から8年。