深い緑の木々が生い茂り、川の水面で羽を休める野鳥の群れ。時折、カヤックが行き交う。嘉手納町嘉手納の「Green River Cafe」のウッドデッキテラスは、比謝川の大自然を満喫でき、ペットも一緒にすごせる癒やしの空間だ。コンクリート平屋建ての壁は曲線を描く。中央部は空に向かってアーチを描くように突き出ており、教会を思わせる。

人気の「リブアイステーキセット」と、「ナスとベーコンのトマトパスタ」(中央奥)

ペット同伴ができるテラスで、比謝川の自然の豊かさを語るオーナーの上江田さん

「Green River Cafe」の場所

人気の「リブアイステーキセット」と、「ナスとベーコンのトマトパスタ」(中央奥)
ペット同伴ができるテラスで、比謝川の自然の豊かさを語るオーナーの上江田さん
「Green River Cafe」の場所

 店内に足を踏み入れると、長年バンドを組むオーナー上江田エディー健氏さん(63)=恩納村=の音楽好きが随所に表れる。壁に飾られたギターは20本余。ドラムセットやアンプもあり、客同士で息が合うと生演奏が始まる。

 上江田さんは沖縄生まれのフィリピン育ち。米軍嘉手納基地内で建設関係の仕事を20代から続け、定年後の2015年3月に店を開いた。以前の店のカフェ常連で、比謝川の自然にみせられたからだ。

 メニューは幅広い。パスタやピザもあるが、上江田さんの一番のお薦めは「リブアイステーキ」(税抜き1980円)。ボリュームある牛肉200グラムにタマネギやズッキーニ、トマトなど豊富なグリル野菜が添えられる。パンかライスにコーヒー、サラダ、スープ、デザートが付く。ランチでは150グラムに減るが、1300円とお手ごろに。

 「ナスとベーコンのトマトパスタ」(ランチセット980円)は濃厚なソースが絡み合い、骨付きの「グリルビーフのポークチョップステーキ」(同)は食べ応え十分。カリカリ足テビチの「クリスピーパタ」(1980円)、麺料理の「パンシット」(1280円)など、フィリピン料理も楽しめる。(中部報道部・溝井洋輔)

 【お店データ】嘉手納町嘉手納315の4。火~木はランチ11~15時、ディナー17~22時(ラストオーダー21時)。金~日はランチからディナーまで続けて営業。休みは第1、3、5月曜。第2、4月曜はランチが休みでディナーでは生演奏が楽しめる。テラスとカウンターを含め約70席。駐車場多数。電話098(957)2554。