【東】任期満了に伴う東村長選が26日、投開票される。1995年以来20年ぶりの選挙で3期目を目指す現職の伊集盛久氏(74)と新人で元村役場職員の當山全伸氏(66)が一騎打ちとなっている。開票は午後9時から始まり、同10時ごろに当落が判明する見通し。

(左から)伊集盛久氏、當山全伸氏

 米軍北部訓練場の過半返還に伴うヘリコプター着陸帯建設で伊集氏は容認、當山氏は反対の立場。農業振興や過疎対策についてそれぞれの公約を訴えた。

 25日までに546人(35・73%)が期日前・不在者投票を済ませた。昨年9月の村議選(25・51%)に比べ10・22ポイント高い。26日の当日有権者数は1528人(男性841人、女性687人)。

 伊集盛久(いじゅ・せいきゅう) 1940年生まれ。村宮城出身。東中学校卒。66年に村議会議員初当選、2002年まで通算7期務めた。1990年から3期議長。2007年から現職。

 當山全伸(とうやま・まさのぶ) 1948年生まれ。村有銘出身。日本大学農獣医学部卒。73年村役場入りし、経済課長、企画観光課長などを務めた。2009年退職。現在は農業。