イオンモール沖縄ライカムが開店した北中城村のライカム交差点周辺は午前8時前から夕方まで、慢性的な交通渋滞が続いた。最長は国道330号で2キロ。駐車場は午前9時の開店直後に満車となり、10時には60分待ちとなるなど、混雑した。

イオンモール沖縄ライカムのオープンで、渋滞する国道330号=25日午後0時26分、北中城村のライカム交差点

 沖縄市の仲村典子さん(40)は「開店を楽しみにして来たが、今後の外出に支障がないか心配になった。出勤などに影響が出なければいいけど」と少し不安げ。山里交差点からイオンまでの約1キロを、車で40分かかって来たという男性(47)は「到着するだけで一苦労。買い物する前に疲れてしまった」と苦笑いした。

 沖縄県警交通規制課は、施設に5カ所の出入り口があるにもかかわらず、県道85号に面した中央出入り口に集中したために混雑したと分析。「施設周辺の村道はスムーズに流れていた。中央出入り口以外を活用すれば、渋滞緩和が期待できる」と説明している。