内閣府がまとめた2018年度の沖縄関係予算の概算要求額は3190億円で、17年度当初予算よりは40億円増えた。沖縄独自の給付型奨学金創設や製糖事業者確保のサポート、泡盛酒造所の海外展開支援、海上交通の実証実験などが新たに盛り込まれた。