サッカーの明治安田J3は26日、第7節が行われ、8位のFC琉球は、県総合運動公園陸上競技場で最下位のグルージャ盛岡と対戦し、3―1で勝利を挙げた。

FC琉球―グルージャ盛岡 前半14分、2点目のゴールを決めて喜ぶ琉球の中山聡志(右)=県総合運動公園陸上競技場

 琉球は前半4分に右コーナーキックをMF岩渕良太が頭で押し込んで先制。15分にもFW中山悟史が2点目を挙げて優位に立った。

 後半39分には、途中出場のMF藤澤典隆が豪快にミドルシュートを決めて追加点を奪った。ロスタイムにPKで1点を許したが、逃げ切った。琉球は4試合ぶりの白星。

 通算成績は、2勝2分け3敗で勝ち点は8。次戦は29日、山口県維新百年記念公園陸上競技場で、レノファ山口と対戦する。