気象庁は、2週間先までの予想気温を発表するシステムを検討している。正式な開始決定はまだだが、2018年度に新たなスーパーコンピューターを導入する予定で、導入後早ければ2019年の6月開始を目指すという。