サッカーの明治安田J3第7節は26日、各地で行われ、8位のFC琉球は県総合運動公園陸上競技場で最下位のグルージャ盛岡と戦い、3-1で下した。

FC琉球-グルージャ盛岡 後半39分、3点目のゴールを決めて人さし指を突き上げアピールする琉球の藤澤典隆=県総合運動公園陸上競技場(松田興平撮影)

 琉球は前半4分にMF富所悠の左コーナーキックをMF岩渕良太が右足で押し込み先制。15分にも相手ゴール前の混戦からFW中山悟史が左足のボレーシュートでゴールネットを揺らし、優位に立った。後半39分には、途中出場のMF藤澤典隆がミドルシュートを決めて今季初の3点目。ロスタイムにPKで1点を失うも、4試合ぶりの白星を挙げた。

 通算成績は2勝2分け3敗で勝ち点は8。順位は7位に浮上した。次戦は29日、山口県維新百年記念公園陸上競技場で、首位のレノファ山口と対戦する。