【東】任期満了に伴う東村長選が26日投開票され、現職の伊集盛久氏(74)=無所属=が742票を獲得し、3期目の当選を果たした。新人の當山全伸氏(66)=無所属=に133票の差をつけた。村長選は1995年以来20年ぶり。(2面に解説、26面に関連)

伊集盛久氏

 高江のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設について、伊集氏は当選後の取材に「米軍北部訓練場の過半返還のため、従来通り容認する」と明言。一方で、オスプレイの使用は「安全性が確認されるまで反対する」とした。

 選挙戦で伊集氏は、2期8年の実績を強調し、6次産業化の推進や定住促進、企業誘致などを訴えた。當山氏は無投票の弊害や「閉塞(へいそく)感」打破を訴えたが、及ばなかった。

 当日有権者数は1528人。投票率は89・14%で、95年の前回村長選を7・03ポイント下回った。

 伊集盛久(いじゅ・せいきゅう) 1940年生まれ。村宮城出身。東中学校卒。66年に村議会議員初当選、2002年まで通算7期務めた。1990年から3期議長。2007年から現職。

▽開票結果

当742 伊集盛久

 609 當山全伸

  11 無効

(選管最終、投票率89・14%)