環境省と沖縄県が本島北部で展開する特定外来生物マングースの防除事業で、2016年度の捕獲が78頭となり、00年度の駆除開始から初めて100頭を下回ったことが1日、分かった。最も多かった07年度の619頭に比べて8分の1程度に減少。国頭村与那から同村安田の県道2号以北のエリアは捕獲を含め生息情報がなくなった。希少な固有種を捕食し、沖縄の生態系に脅威となるマングースの生息数や分布域の順調な減少が裏付けられた格好だ。

環境省の防除事業で捕獲されたマングース=2005年、国頭村

マングースの排除状況

捕獲数とメッシュ数の推移

環境省の防除事業で捕獲されたマングース=2005年、国頭村 マングースの排除状況 捕獲数とメッシュ数の推移

 環境省などは22年度までに、大宜味村塩屋湾から東村福地ダムにかけての「SFライン」以北のエリアでのマングース根絶を目指している。16年度は生息密度の指標となる「100わな日あたりの捕獲数」は0・003で、前年度(0・006)に比べ半減。分布域を把握する手がかりとなる「メッシュ」数も大幅な減少が見られたという。

 一方、マングース用のわなで希少種の混獲もあった。多くはその場で逃がしたが、絶滅の恐れが最も高いランクに分類されるオキナワトゲネズミ2匹、ケナガネズミ18匹が死んたのが確認された。今後も混獲の防止に努めるという。

 やんばる自然保護官事務所の山本以智人自然保護官は「事業の成果がかなり出ており、マングースの生息域が減ったことに伴い、ヤンバルクイナの分布域も回復傾向にある。しかし本島に持ち込まれた17頭のマングースが、100年かけて3万頭近くに増えた経緯もある。数は減ってきていても、完全に排除するまで油断はできない」と気を引き締めた。