旧盆を控えた1日、那覇空港では帰省客や出迎えの家族、観光客らでごった返した。到着ロビーは大きなスーツケースや手荷物を持つ人であふれ、待ち合わせた家族と肩を抱き合うなど再会を喜ぶ姿が見られた。

帰省客や観光客らでにぎわう那覇空港の到着ロビー=1日午後3時(下地広也撮影)

 愛媛県に嫁いだ姉を待っていた金城洋子さん(36)=南風原町=は「姉と近所の親戚10人くらいで道ジュネーを見に行く」と声を弾ませた。

 去年、鹿児島に引っ越した娘夫婦と1歳の孫を出迎えた仲松俊哉さん(56)=糸満市=は「初孫がかわいくて仕方ないよ」と目を細めた。旧盆に合わせて帰省した娘の山本萌さん(26)は「結婚してから、より家族のつながりを大事に思うようになった。来年も旧盆の時期に帰ってきたい」と笑顔で話した。