プロバスケットボールチームの琉球ゴールデンキングスと沖縄市は27日午前、共同会見を開き、キングスが沖縄市を活動拠点のホームタウンとすると発表した。

握手を交わす琉球ゴールデンキングスの木村達郎代表と(左から2人目)と桑江朝千夫沖縄市長(同3人目)=27日午前11時20分ごろ、沖縄市役所

 ホームタウンは、バスケットボール男子の国内リーグを統合し、来年10月にスタートする新リーグのトップリーグ(1部・2部)の条件に定められている。

 キングスの木村達郎代表は「沖縄市を盛り上げ、沖縄全体を活性化させたい」と話した。