米軍キャンプ・シュワブゲート前では27日午前、名護市の辺野古新基地建設に反対する市民約200人が、「民意 イズ ヒア」(民意はここにある)と書かれた新しいメッセージボードを掲げながら、抗議の意思を示した。

「民意 イズ ヒア」と書かれたメッセージボードを掲げて辺野古新基地反対の意思を示す市民ら=27日午前、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 集会では、戦後70年を迎えて、新基地建設反対の運動は「歴史的な闘いだ」とし、「後で後悔しても遅い。若い人に向けて行動に参加しようと呼び掛けよう」とする声が上がった。

 一方、辺野古沖では、フロート外に設置されたブイの近くで、沖縄防衛局の調査船2隻が潜水調査を実施した。ボーリング調査をするスパット台船2基や大型作業船1隻で作業員の姿がみられた。