安謝海岸にあるリーフが発達した限られたエリアに、打ち込み釣り仕掛けを投入するのは海武者シーブサーの石原秀樹さん。随所に筋状の砂地が点在する場所は、深場から入ってくる魚の絶好の通り道だと話す。 事前に潮位が低くなる時間帯に一帯をくまなく調査して、ピンポイントで魚がヒットする場所を探し歩くそうだ。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。