瑞穂酒造(那覇市、玉那覇美佐子社長)は19日、沖縄県産ゴーヤーエキスを配合した新商品「瑞穂之邦ゴーヤーもろみ酢」を発売する。

瑞穂酒造の「瑞穂之邦ゴーヤーもろみ酢」

ゴーヤーもろみ酢をPRする瑞穂酒造の玉那覇美佐子社長(中央)ら=1日、沖縄タイムス社띱 

瑞穂酒造の「瑞穂之邦ゴーヤーもろみ酢」 ゴーヤーもろみ酢をPRする瑞穂酒造の玉那覇美佐子社長(中央)ら=1日、沖縄タイムス社띱 

 全国的な健康志向の高まりを受け、ビタミンが豊富なゴーヤーに着目。8%を配合し、飲みやすいよう県産加工黒糖を加えた。もろみ酢の酸味とゴーヤーのほのかな苦味を、黒糖の香ばしい甘さでまとめた。

 疲労回復効果が見込まれるクエン酸が主成分のため、スポーツをする人や女性が主なターゲット。720ミリリットルで税別2300円。まずは同社で販売し、今後は量販店や土産品店などに広げていくという。

 玉那覇社長は「ゼリーにしたり、料理にひと味加えたり、幅広く味わえる。沖縄の素材にこだわっているので、県外や海外にも展開していきたい」と話した。