人と自然の関わりをテーマに小・中学生8人が慶良間諸島を視察した「沖縄こども環境調査隊2017」(主催・沖縄タイムス社、共催・沖縄美ら島財団)のシンポジウムが2日、那覇市久茂地のタイムスホールで開かれた。隊員はグループで自然との共存について意見を発表。最後は全員で「学んだこと、感じたことを伝え、自分でできることを実践していく」と環境宣言を読み上げた。

シンポを終え、ガッツポーズで環境保全への決意を示す調査隊のメンバー=2日、那覇市久茂地・タイムスホール

 安慶田中2年の備瀬哲平さんと米須小6年の福永梢子(しょうこ)さんは座間味島における外来種の影響を報告。「生き物をむやみに持ち運ばないよう、一人一人が意識することが必要」と訴えた。

 琉大付属中2年の仲座空音(そらん)さんと当山小6年の佐野一斗(いちと)君は、豊かな自然が観光収入につながっていることなどを説明。「人は自然から与えられているが、お返しはできていない」と問題提起した。合同で調査した「奄美こども環境調査隊」も参加した。

 基調講演で座間味村観光協会の谷口洋基事務局長は、写真や映像で慶良間諸島のサンゴ礁を紹介。「サンゴ礁を保全していくためには、観光客の協力も必要」と呼び掛けた。