沖縄ワタベウェデイング(小岸弘和社長)は8月30日、中城村添石の介護老人保健施設「信成苑」(山内和雄施設長)で記念撮影会を行った。施設の利用者が琉装やタキシード、ウエディングドレスなどに身を包んで現れると、職員らから「まあ! とてもかわいい」「きれいだよ」と大きな拍手で迎えられた。

メークをしてもらい、うれしそうそうな表情の参加者=中城村添石・介護老人保健施設「信成苑」 

新郎・新婦の衣装に身を包んだ又吉真行さん(前列左)ヒデさん(同右)夫妻と家族=中城村添石・介護老人保健施設「信成苑」

メークをしてもらい、うれしそうそうな表情の参加者=中城村添石・介護老人保健施設「信成苑」  新郎・新婦の衣装に身を包んだ又吉真行さん(前列左)ヒデさん(同右)夫妻と家族=中城村添石・介護老人保健施設「信成苑」

 同社の社会貢献「ちむぐくる活動」の一環。ワタベの草間保顧問や企画担当の安西由記さん、美容師、カメラマンのスタッフ10人が訪れ、あらかじめ希望のあった7人の男女と2組の夫婦を撮影した。

 撮影の前には美容師の新垣弥生さん、大城さとみさん、澁谷涼子さんらが特設の美容室で丁寧なメーキャップとヘアメークを施した。

 安里ツルさん(93)は「もうハワイへ行く気分だよ。心が浮き浮きするさー」、又吉ヒデさん(87)も「おしゃれは大好き。元気が出て私も一緒にハワイに行くよ」と口も滑らかだった。

 特設スタジオでは女性はブーケ、男性は胸に赤いバラで決めポーズ。100歳の大城ミツさん、101歳の宮城ウシさんも元気に参加した。

 呉屋英吉さん(88)が琉装で登場すると職員から「親方(いぇーかた)さい」と呼ばれ、まんざらでもない様子だった。

 又吉真行さん(87)・ヒデさん(87)夫妻の撮影には、長男真仁さん(66)ら家族も駆け付けた。「おじいちゃん、おばあちゃんの2回目の披露宴だね」と緊張気味の真行さんに声掛けし、気持ちをほぐしていた。写真は各自に無料プレゼントされる。

 山内施設長は同社の活動に感謝し、「おしゃれは脳の活性化につながる。みんなうれしそうだった」と利用者の元気な姿に目を細めていた。(翁長良勝通信員)