名護市辺野古の新基地建設に反対する沖縄県選出の野党国会議員や県議会与党会派、市民団体でつくる「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」は28日午後6時、那覇市県庁前の県民広場で政府に対する3千人規模の抗議集会を開いた。

 1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約で沖縄が日本の施政権から切り離された「屈辱の日」に合わせた集会で参加者は、条約発効から63年が経過した現在でも新基地建設という民意を顧みない日米両政府に抗議の声を上げた。

 日本時間の28日夜には米ワシントンで日米首脳会談が予定されるため、会談の直前に集会を開くことで民意を国内外にアピールする狙いもある。

 集会に先立ち、現地の辺野古では「県民大行動」として同日午前6時からゲート前集会、同9時からは議員団が海上行動で抗議の意思を示した。

 海上ではフロート内に入った抗議船1隻と海上保安庁の船が接近し、抗議船が転覆。抗議船に乗っていた市民4人が海に投げ出されたが、全員救助され1人は病院に搬送された。

 県庁前での集会終了後は午後7~8時まで国際通りをデモ行進する。