【東京】民進党の新代表に選出された前原誠司氏は1日の記者会見で、昨年の参院選で野党4党が結んだ辺野古新基地建設中止などの政策協定について「理念、政策の一致がなければ政権選択の衆院選は成り立たない。4党で結んだものの是非については、見直しも含めて検討する」と述べた。