鉄筋コンクリートなどで堅固に造られた防御陣地のこと。ロシア語で「点」や「拠点」を意味する。「銃眼」と呼ばれる窓から機関銃などを出して相手を攻撃した。

嘉数高台に残るトーチカ=宜野湾市

嘉数高台に残るトーチカ=宜野湾市

 沖縄戦の激戦地となった宜野湾市嘉数には大人が3人ほど入れるトーチカが残されている。砲弾で鉄筋がむき出しになるほどコンクリートが削り取られ、激戦を物語っている。

 こうした戦争遺跡は近年、「もの言わぬ語り部」として重視する考え方が広まり、各地で保存が進む。